生きる活力


「生きる活力」って、
どこから生まれてくるのだろう?

「健康である」
それだけでも
もちろん幸せ。

でも、
ウキウキすること、
楽しいことがあれば
さらに幸せ。

私は
一人暮らしの経験が
5年間ある。

全てが
自分の時間。

自由気ままで
24時間、自分の好きにできる。

でも、
時々、人恋しくなり
誰かと話したくなる。

人と話すと
何気ない会話の中で
さまざまな刺激がある。

それが楽しいのである。

公民館で自分史講座をさせて頂くと
参加された方のなかに
お一人暮らしの方もいる。

「私、普段話していないから話せないよ」

初日は、こんなことを言っているのに
回を重ねるごとに
みんなの前で
イキイキと発表をしている。

私が撮影した、
みなさんの発表をしている姿を見て

「俺、自分のこんな笑顔はじめて見たよ!」
なんて言う人もいる。

高齢者には
「きょういく」と「きょうよう」が
必要と言われている。

「今日、用がある。」
「今日、行くところがある」
と言う意味である。

みんなで集まって
自分の人生を語り
人の人生に触れる。

そんな場所が
「自分史講座」である。

「脳の活性化」
「生きる活力」
がある。

私ができることは微々たるものだけど
みなさんが作り上げてくれる、
この空間は特別のものがあると
自負している。

たくさんの方に
自分史講座を体験して頂きたい。

SUNSET出版(サンセット出版)

自分史づくりを通して 幸せな人を増やす出版社です。

0コメント

  • 1000 / 1000